危険物取扱者乙種第5,6類

危険物取扱者乙種4類で乙4の受験について書きましたが、今度はつい先日受けた乙5,6類について書こうと思います。

と、その前に、私が乙5,6類を受けた理由とも関わってくるので、上記の記事で言及している甲種について少し書きたいと思います。

危険物取扱者甲種

こんな記事を読む人はご存知だと思いますが、知らない人もいるだろうし最初から軽くですが説明します。

まず、危険物取扱者は甲種、乙種、丙種があり、甲種は消防法等で指定されている危険物すべての取り扱うことができます。乙種は、1から6類まで分かれており、それぞれの類で指定された危険物について取り扱うことができます。丙種は、主にガソリンスタンドで取り扱われる危険物のみ取り扱うことができます。本当はもう少し違いがあるのですが、軽くということで今回は割愛します。

さて、本題の甲種ですが、乙種や丙種と違い受験資格がないと受験できず、その受験資格というのは、受験案内|一般財団法人消防試験研究センターに載っている通り、学校で化学系を専攻しているか、乙種を持ち2年の実務経験があるか、乙種1または6、2または4、3、5類の4種類以上の免状を持っていることである。

で、私は化学系を専攻しているわけでもなく2年の実務経験を積む予定もないので、甲種の受験資格を得るには4種類以上の免状を持つしかないのである。

なぜ甲種が欲しいかは、せっかく危険物取扱者の資格を持つなら、やっぱり一番上級の資格が欲しいよねという理由です。

危険物乙種1,2,3,5,6類

危険物取扱者乙種試験用の参考書を探すとわかるが、乙4用の参考書と乙1,2,3,5,6類用の参考書があり、乙4以外で1冊の参考書になっている類はないし、乙4の参考書は乙1,2,3,5,6類用の参考書に比べて格段に多いのが分かるだろう。これは受験者数も同様で、詳しい受験者数は試験実施状況|一般財団法人消防試験研究センターを見てもらえれば分かりますが、乙4の受験者数に比べてそれ以外の類は格段に少ない。

理由はもちろん簡単で、乙4は丙種の上位互換であり、ガソリンスタンドで重宝されるよく使われる資格なのだ。

なぜこんなことをわざわざ説明したかというと、私が最初に乙4を受けた理由を説明したかったからだ。

なぜ参考書が乙4は一冊なのにそれ以外はまとめられているかというと、乙4は受験者数が多く、乙4は乙4だけで参考書がよく売れるので、法令、物理・化学、乙4の性質・消化のすべてが1冊にまとめて書かれている。しかし、それ以外の類は乙4に比べて受験者数が格段に少ないうえ、乙種はどれか1つ免状を持っていると、法令と物理・化学の試験が免除になるので、乙4の参考書に書いてあるからいらないでしょと各類の性質・消化だけがまとめて書かれ、乙4以外の受験者を十把一絡げに一つの参考書を買わせることで購入者数を増やしているのだ。

なので、乙種を受けようとするにはまず乙4の参考書で勉強する必要があり、必然的に乙4を最初に受けることになるのです。

まあこれにも良いところはあって、私のように3種類以上の類を受けようとする人には3冊以上買わなくて済むという利点がある。

さて、乙種受験にはさらに、どれか一つでも乙種の免状を持っていると、科目免除以外にも2つの類を同一試験時間に受けられるという特典があるのだ。もちろん、1つの類の勉強をしっかりして確実に合格していきたいのなら1つだけ受験することも可能なのだが、私は早く甲種を受けたいので2つ受けることにした。

まず5,6類を受けることにした理由は、たいていの試験日は午前午後と2回試験を行っていて、1類から順に受験番号が振られるので、5,6類なら午後の試験になるのではないかという噂を目にしたからである。実際はそんなことなく、午前の試験を受けることになるのだが...

危険物取扱者乙種5,6類

先ほども説明したように、私は乙4の免状を持っているので5,6類は性質・消化のみの試験でした。

何にしても勉強は本が無いと始まらないので、本屋に本を買いに行きました。本当は乙4受験の勉強のときに使った本の作者の本が良かったのですが、その作者は乙4の本しか出していないということで、カラーの色がキツくなく二色刷りで、覚えることが最後にすっきりまとまっているこの本を買いました。

わかりやすい! 乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験 (国家・資格シリーズ 104)

わかりやすい! 乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験 (国家・資格シリーズ 104)

 

まあ本は買いはしたものの、性質・消化はそれぞれ数ページしか覚えることがなかったので、試験の1週間前から試験勉強を始めることに。

やり方は乙4の試験と同じく、最初の数日は本を読んで、それ以降は問題を解いて本を見返すの繰り返し。ただ、乙4と違い過去問がネットで見つからず、本に載ってる問題を繰り返し解いたので、答えが何番かはすぐ覚えちゃいました。

もちろん、それで良かったのです。危険物取扱者試験は過去問と同じ問題を出すので、試験では、これ本に載ってたと一瞬で答えが分かった問題が何問かあり、70分の試験時間のうち10分強で試験が終わり、途中退出のできる35分まで暇していました。結果は、
f:id:akemimkr:20161105154747j:plain
乙5は、覚えることもそこそこあり試験中も分からない問題が多く受かるか心配だったのですが、ギリギリでもなく無事受かりましたね。乙6は、覚えることも少なく合格は確信していましたが、満点で合格できたのは良かったです。

おわりに

これで甲種を受けるにはあと乙3が受かればいいだけになりました。

では、危険物取扱者試験の話は乙3が受かった時にまた。

追伸

乙3受かりました。

危険物取扱者乙種3類

アニメ視聴数の推移

昔はそうではなかったはずだが、最近はもう1日に1本は見ないと体が持たなくなってしまっていて、どうにかしたいと思いつつも減らせないアニメ視聴。

 過去に見たアニメを元に、ぱっと見では分からなかった視聴数1クール毎の視聴数を見ていこうと思います。

アニメ視聴数の推移

では、さっそく見ていきましょう。
f:id:akemimkr:20161106152511p:plain
これを見ると、確かに最近多くなってる気がしますね。

ちなみに、上記のリンクの記事で視聴時期が不明だったり年しか分からないものはどうしたのか不思議に思った方もいるかもしれませんが、今回はクール毎に見ているので、除いてあります。

ただ最近見ている昔のアニメは、今クールの見ているアニメがやっていない日に1,2話ずつと放送中のアニメと同じように見ているのに対し、不明だったり年しか書いていないアニメは大抵休みの日に1,2日で全話見るという見かたをしているので、今のように毎日アニメを摂取するという目的とは違っており、今回の、推移を見る趣旨に合っていないため問題ないと思われます。

おまけ

今まで見たアニメの総視聴時間も簡単に出してみましょう。

1話が5分か24分か。はたまた23分か25分か。1クールが12話か13話か。1クールか2クールか。細かく考えるとキリがないので、全部ひっくるめて大体平均っぽそうな、1クール13話24分で考えてみようと思います。すると、

24×13×253÷60=1315時間36分

周りにモンハンやポケモンのプレイ時間が999時間でカンストしている人が多く、しかもそれが何本もあった人がいることを考えると、思ったより少ないですね。

ただ、アニメは大抵2度は見ていて、モンハンやポケモンは寝落ちや放置でプレイ時間が稼がれていることを考えると、同じくらいでしょうか。

これくらいの時間数を見ることはモンハンやポケモンのプレイ時間くらいしかなかったので比べてしまいましたが、アニメを見る時間に関して言えば、放送しているアニメをすべて見ている人もいるらしいので少ない方ではないのでしょうか。

アニメを見始めて7年半で253本。つまり、30クールで253本。1クール8.4本。1日に1.2本。

平均すると、毎日1本はちゃんと?見ているようですね。

おわりに

時間があれば1日毎等の視聴数の推移なんかも調べて見てみたいですね。

まあ、細かい視聴日等は記録していないので不可能ですが。

こうしてみると、細かい視聴日を記録していなかったのが本当に残念です。そもそも、まさかこんな風にデータ化する日が来ようとは思っても見ていなかったですからね。

一発試験で大型特殊免許

戦車の免許

去年の11月21日に上映が開始され、もうすぐ1年を迎えるガールズ&パンツァー劇場版に、戦車の免許という単語が出てきましたね。その話の時に出ていた沙織の免許証を見てみると、大特車は戦車に限るという条件がありますが、大型特殊の免許を持っています。
f:id:akemimkr:20161104233018j:plain
ちなみに、戦車に限るという条件は実際には無く、自衛隊で戦車の免許を取ると、大特車はカタピラ車に限るという条件になるそうです。

大型特殊免許

というわけで、大型特殊免許を取ろうと思うわけです。

戦車に限るという条件はもとより、カタピラ車制限を付ける意味も付けられる受験方法も分からないので、限定無しの大特を取りに免許センターに受験しに行きました。

もちろん教習所でも大特の免許は取れるのですが、10万円近くするため断念。1,2時間練習して受験しようかと練習させてくれる教習所を探したのですが、家から気軽に行ける距離でそのような教習所は無かったので、諦めて最初から免許センターで受験することにしました。

受験予約

免許センターで技能試験を受けるには免許センターで事前予約することが必要なので、普通自動車の本免学科試験以来の免許センターに行き、予約しました。

予習と復習

ネットで、大特車両の操作方法と免許センターで技能試験を受験する場合の注意点を調べ、予習しました。

さらに、普通免許取ってから全く運転しないまま数年が経過が経過していたので、右左折の方法等基本的なことを入念に復習しました。

受験1回目

一番の懸案事項であった視力検査をパスし、待合室へ。

予約した時にチラッと見えた名簿によると、もう一人受験者がいるはずなのでどんな人なんだろうとドキドキしていたが、結局現れず、大特受験者は私一人だけでした。

普通免許の技能試験受験の人たちと一緒に事前説明を受け、大特車に乗り込みます。

大特車を見てまず思ったのは、綺麗ということ。実際に工事現場等で使われるわけではないのだから、きれいなのは当たり前かと思って乗り込むと、どうやら本当に新しいらしい。

ギアがネットで見ていたのとちょっと違っていたので、試験官に受験が初めてであることを話し、ギア等の説明を受けることに。

一通りの説明を受けた後、バケットを上げいざ出発。

動かし始めてまず思ったのは、静かということ。ネットでは、エンジン音がうるさく試験官の指示が聞こえないという話を見ていたので、最新型の凄さを思い知った。

次に思ったのは、まっすぐ進めない。これはネットで見ていた通りで、ハンドルに遊びがなくまっすぐ進もうとハンドルを切ると想像以上に曲がってしまい、右左と蛇行運転になってしまい大変だった。

他にネットでは、ウインカーは普通車のように右左折後に自動では戻らないので手動で戻さなければならないとあったが、さすが最新型だけあって普通車と同じように自動で戻った。

大特試験唯一の課題である方向転換は、ネットだと大変みたいな話を見ていたがそんなことは無く、ミラーを見ながら脱輪にだけ気を付けてバックするとすんなりでき一安心。

そこで安心してしまい、見通しの悪い交差点を減速せず通過し注意され、そのまま帰還命令。

出発地点に戻り停車後、ふらつきが大きいが初めてならこんなものでしょ。慣れていけば自然と無くなる等アドバイスを受け下車。次回の試験の予約を入れ帰宅。

5回目くらいで合格できればいいと思い最初の3回は大特車に慣れるために受けるという気持であったため、不合格の落胆もなく次に向けてイメージトレーニングをして2回目の試験に備えました。

受験2回目

一度視力検査をパスしたら半年は視力検査を受けなくていいらしいので、不安もなく免許センターへ。

今回ももう一人受験者がいるはずだったので、さすがに2回連続いないなんてことは無いだろうと思っていたが、結局大特受験者は私一人だけでした。

そして、前回と同じように普通自動車の人たちと事前説明を受け、大特車に乗り込みエンジンをかけ...かけ...と、かけようと思ってもかからなかったので試験官に聞いてみると、どうやらギアがニュートラルに戻っていなかったようだ。ギアがニュートラルになっていないとエンジンがかからないなんてハイテク、現場では良いかもしれないが試験では困る...なんて身勝手なことを思いながら、まあしょせん今回も練習だ。これで合否が変わるわけでもないし、良い経験になったと切り替え出発。

今回は無事に全行程走り終えることができ、結果はもちろん不合格ながら、アドバイスは、速度が速すぎること以外はちゃんとできてる。というものでした。

実はこの大特車、ギアが1速しかなくギアチェンジに煩わされないのはいいのだが、アクセルをちょっと踏むとすぐスピードが出てしまうので狭い試験場で運転するのは注意が必要なのだ。前回もスピードが出すぎることは感じていたので意識していたのだが、ちょっと他のことに気を取られるとスピードが出てしまっていた。

受験3回目

今回はそもそも受験者が一人だけだったので、他の人がいないかで緊張することは無かったのだが、前回スピード以外は大丈夫と言われたことで、今回合格できるかもという期待が極度の緊張となって表れ往生してしまった。

そんな緊張を抱えたまま、いつも通り普通自動車の人たちと事前説明を受け大特車に乗り込み出発。

そんな中、出発してすぐ、最初の左折でガタンという音共に跳ね上がったような感触があり、縁石に乗り上げそのまま行ってしまったのかと思って思わず声を出してしまった。乗り上げるような位置で曲がった感覚は無く、試験官も縁石の方を振り返って見るも試験を停止する様子もない(縁石に乗り上げそのまま行った場合はその時点で試験中止)ので、やっぱり乗り上げてなかったのかなと思いつつ、今回の合格は望み薄だろうと緊張も解け、まだ受験3回目だしと練習のつもりで最後までやり切った。

出発地点に戻り停車し、いつも通りアドバイスを聞こうと試験官の方を向くと、なんと、降車までが試験だよと言われる。この時点で不合格になっている場合はアドバイスが言われて終わりなので、合格できるという喜びを噛みしめながらきちんと減点されないよう降車し、合格予定だから待合室で待っているよう言われる。

ちなみに跳ね上げの件は、途中、左折のために左端に寄って直線道路を走っている時も同じように跳ねたので、縁石に乗り上げたのではなくちょっとした段差で跳ねただけのようですね。

その後数時間、待合室で技能試験を受けている全員の終了を待って、免許更新作業。そしてついに...
f:id:akemimkr:20161105162737j:plain
やったね。

おわりに

普通自動車ですら数年間運転してなかったから、5回は受験することを覚悟してたけど3回で終わり、交通費含めても受験料が計1万5千円と教習所の10万円とは比べ物にならないくらい安く済み、今回の受験は良いことづくめでした。

技能試験を受けて一番驚いたのは、外国免許書き換えのために技能試験を受ける外国人が連日多かったこと。技能試験を受ける半数はいつもその人たちだったんじゃないかな。

次に驚いたのは、普通自動車の技能試験を受けてる人が外国免許書き換えの人の次に多かったこと。失効には気を付けないとね。

おまけ

f:id:akemimkr:20161104233038j:plain
麻子、けん引も持ってる...けん引も取ろうかな。

危険物取扱者乙種第4類

5年前の初受験

危険物取扱者って響きがなんかカッコイイって感じで思い付きで申し込んで、一応本を買ってパラパラめくったものの特に勉強もせず受験して落ちたのが5年前。

受験中、法令でガソリンスタンドのカフェがなんちゃらって問題を見て、こんなの本に書いてなかったぞって思ったのを今でも覚えています。で、落ちてるのは分かるけど、せめて法令と物理・化学くらいは合格ラインの60%超えててくれと謎の祈りをしていたが、その祈りもむなしく法令53%の結果が...
f:id:akemimkr:20161104170312j:plain

余談だが、本当の受験日は3月末であったのだが、受験日の半月前に東日本大震災が発生し、そのことによる交通機関の乱れの影響が色濃く、本来の受験日に受験しなかった場合は受験日は選べないが後日受験が可能という特別措置があり受験日が4か月ずれ込んだのだ。つまり、勉強期間が4か月伸びたのだが、伸びたんだしまだ勉強しなくていいやと思って結局ずれた受験日まで勉強しないという…

2度目の受験

あれから5年。いつかまた受けたいと思いつつ、なかなか時間や踏ん切りがつかず先送りにされていたが、ついに今年、また受けてみるかとふと思い立ち、受験することに。

今回は、これも5年前から思ってたことだが、どうせなら危険物取扱者甲種まで取りたいし、これ以上時間を無駄にしたくないという思いが強く、もう絶対落ちないよう勉強しようと勉強することに。

5年前買った本を引っ張り出し、受験日の1ヵ月前から勉強計画を立て勉強開始。

前回の開示結果を見るに物理・化学は勉強しなくても大丈夫だろうと思い、法令と性質・消化、特に、量が多い法令を中心に勉強しようと毎日最低1時間法令のページを読むことを自分に課す。

まあ、そんないきなり勉強できるようになるはずもなく、読んだり読まなかったりの日が2週間続き、そろそろ性質・消化の勉強も始めなければと、法令と性質・消化のページを最低1時間は読むよう自分に課す。

さすがに試験が来週末に迫ってるとなると、毎日読むようになりました。

ついに最終週。過去問をやりたいと思い探してみると、なんと、ネットで過去問演習をさせてくれるサイトがあるではないか。そのサイトがこの甲種・乙種4類危険物取扱者試験対策サイト

このサイトの過去問を1日1個ずつやり、間違ったところは本で復習。を1週間毎日やり、ついに本番。結果は、
f:id:akemimkr:20161104174119j:plain
ギリギリ...危険物取扱者試験は3項目とも60%以上で合格なのだが、まさかの2項目で60%。やはり勉強ちゃんとしないとその通りの結果が出るんだな、と思いつつ合格したことに胸をなでおろす。

ちなみに、なぜ不合格の開示は右ページに書かれ、合格の開示は左ページにキツキツに書かれているかというと、合格した場合、右ページが免状申請書となっているからです。

勉強法

こんな勉強もせずギリギリで受かってる私が言うのもなんだが、一応私の考える危険物取扱者試験の勉強法を紹介。

1. 本を読む

まず、本屋に乙4の本はたくさん売ってるのでそれを見て、自分に合う本を見つけます。試験内容がそんな多いわけでもないからたぶん内容はどれも変わらないので、カラフルだったり覚えやすいようにまとまってるかを見てみると良いでしょう。

ちなみに私は、カラフルな本があまり好きではないが、ただ白黒なのは重要なところが分かりにくく見にくいので、カラー部分の色が薄く二色刷りされていて、小項目毎に最後にまとめがあるこの本を選びました。

はじめての乙4類危険物試験 (なるほどナットク!)

はじめての乙4類危険物試験 (なるほどナットク!)

 

本を何回も読み、ある程度頭に入れます。私だけかもしれませんが、一度過去問をやってしまうとそのことが頭に残って、過去問で出てきたところばかりやってしまったりするので、過去問をやる前に全体的に読み、全く知らないことが問われてるってことをなくします。こうすれば、過去問で解けなかったところをすぐ本で見つけることができますしね。

2. 過去問をやる

危険物取扱者の東京の試験日を見るとわかると思いますが、ほぼ毎週やっています。なので、毎週新しい問題を出しているわけもなく、よく過去問と同じ問題が出ます。つまり、ある程度過去問をやっていけば同じ問題が何問か出るし、絶対あってると確信を持てる問題があると安心でき、受験中焦ってミスるということが少なくなります。

過去問はやったら答えを見るだけではなく、間違ってたらその箇所を本で読み返すのも大事だと思います。そうすれば、答えと本で2度間違った問を確認することになり記憶に残りやすくなるうえに、多少違った問われ方や選択肢を変えられても対応できます。

おわりに

いかがだったでしょうか。少しは乙4受験の参考になれば幸いです。

過去に見たアニメ

私が今日までに全話見終わったアニメが対象です。

テレビ放送したもののみ。

2009冬以前の欄の作品の順番は特に意味はありません。

作品名の前に*が付いているものは、放送時ではなく作品名の後の年月に見たもの。作品名の後の年月は、覚えてる範囲で書きました。

2009冬以前

* エヴァンゲリオン: 2009/3,4
* CCさくら : 2016春
* 苺ましまろ : 2010
* 涼宮ハルヒの憂鬱: 2009
* らき☆すた : 2009
* Fate/stay night : 2011
* D.C. : 2010/3,4
* D.C.S.S. : 2010/3,4
* D.C.Ⅱ : 2010/3,4
* D.C.ⅡS.S. : 2010/3,4
* Kanon : 2009
* AIR : 2009
* CLANNAD : 2009
* リリカルなのは : 2009
* リリカルなのはA's: 2009
* リリカルなのはStrikerS: 2009
* ゼロの使い魔 : 2016/2
* ゼロの使い魔双月 : 2016/2
* ゼロの使い魔三美姫 : 2016/2
* ローゼンメイデン : 2010
* ローゼンメイデン トロイ : 2010
* エルフェンリート :2016/7
* Gift : 不明
* まほろまてぃっく :2016/9
* これが私のご主人様 :2016/9
* とらドラ : 不明
* とある禁書目録 : 不明
* ストライクウィッチーズ : 2015/2
* こどものじかん : 2015/12
* 恋姫✝無双 : 2010
* おとボク : 2010
* まりあ✝ほりっく : 不明

2009夏

充電ちゃん
かなめも
* 化物語 : 不明

2010春

真・恋姫✝無双 乙女
B型H系
おおきく振りかぶって
会長はメイド様
Angel beats!
WORKING!
迷い猫オーバーラン!
けいおん!!

2011秋

WORKING'!
C3-シーキューブ-
Fate/zero
僕は友達が少ない
* gdgd妖精s : 2013
* たまゆら : 2016/10

2013春

レッドデータガール
俺の妹がこんなに第2期
這いよれ!ニャル子さんW
ハヤテのごとく!4期
ゆゆ式
あいうら
とある超電磁砲S

2014夏

あいまいみー妄想
ろこどる
SAOⅡ
人生
ヤマノススメ セカンド
プリズマ☆イリヤ 2wei

2016冬

このすば
蒼の彼方のフォーリズム
GATE 炎龍編
ハルチカ
魔法少女なんてもういい
てーきゅう第7期
大家さんは思春期!
少女たちは荒野を目指す
ファントム・ワールド
暦物語

2016夏

食戟のソーマ 2
ラブライブ!サンシャイン
Rewrite
タブー・タトゥー
NEW GAME
プリズマ☆イリヤ3rei
この美術部には問題がある